オーディション写真

オーディション写真は書類選考という最初の関門を突破するための重要なツールです。そのため貴方の印象を審査員に絶対的に強くアピールできるオーディション写真が必要になってきます。モデル、タレント等、芸能界デビューをお考えの方、ビットスタジオは合格率を最優先に考えた本格オーディション写真・フォトスタジオです。

下記掲載のサムネールをクリックすると拡大画像頁に移動します。

オーディション写真料金

  • お手軽コース ¥10,000
    撮影約40カット , フォトプリントL版6枚 ,CD-R
  • スタンダードコース ¥15,000
    撮影約60カット, フォトプリントL版6枚 ,CD-R , 衣装1回チェンジ可

★お急ぎの方にも最適!!
上記、全ての商品(CD-R、L版プリント)は、その場でお持ち帰り頂けます。

※上記料金は全て税抜き価格です。

※その他のオプションメニュー多数ご用意致しております。詳しくは価格、地図のページをご覧ください。

オーディション写真の重要性

 

  オーディション写真というものは、二次審査に進むために必ず突破しなければならない関門と言えるのですが、その割には案外、二の次の項目として捉えられている場合が多いような気がします。書類で受からなければ、いくら演技がうまくても、類まれなタレント性の持ち主であっても、その実力を発揮する場さえ与えてもらえません。言い換えれば、オーディション写真によって、会う前の段階で、もうすでにかなりの好印象を与えていなければならないと言え、面接を受けるときの受け応えのシュミレーションをするように、フォトスタジオに撮影に来られる前には撮られ方といったものも自分なりに訓練することは必要なことだといえるでしょう。
  たとえば、オーディション写真として、最もアピールできる魅力的な笑顔や、「なかなか雰囲気のある子だな」と思わせるようなポージングが鏡の前で作ることができるでしょうか。もちろん最初は誰でもぎこちなく、表情が硬かったり、体勢が不安定だったりするのですが、オーディション写真に於ける撮られ方の練習を繰り返すうちに、どこがおかしいのか、なにが違うのか少しづつ分かってくるようになるのです。大切なのは、練習の成果を出すのでは無く、自身を探索するところにあると言え、それがオーディション写真を見る側に何を訴えれば良いかの指標にもなるはずです。
  初めてフォトスタジオに入っていざ撮影と言う段になり、カメラの前で笑おうとすればするほど、その表情は不自然で、「目が細くなるから、今度は思いっきり目力を付けるようにしよう」とか、「口角が下がるから、できるだけ上げるようにしよう」とか考えれば考える程、結果は付いて来ずに悪循環を繰り返し、もはやそこに精神的ゆとりは全く存在しなくなってしまう人がいるのですが、これは、オーディション写真を撮られる以前に、真に自分と向き合い、その存在を知ることをなおざりにし、表面的なビジュアルにのみ固執した結果であるといえるのではないでしょうか。
  何が得意か不得意か、それによってどのような表現方法が妥当なのか、それはオーディションだけでなくいかなる事柄に於いても、日々の鍛錬の中で培われるものなのではないでしょうか。その人からほとばしる魅力は、単なる形の表現では無く、意識しなくても内面から湧き出すものであることを充分認識し、その重要性を理解してもらえればと思います。


オーディション写真 etc

オーディション写真撮影のワークフローにおいて、様々な被写体となる方々と接して日々感じたことや教えられたこと、発見したこと等をスタッフの立場から向上を前提としたスタンスで深く考え、当サイトのクオリティーアップと共に皆様にお役に立てる情報を盛りこんで行きたいと考えています。

その他オーディション写真
qinoue   izrina   iiasuka   insakurada   imkyou   iyhisa

フォトヘアメイクワンポイントアドバイス
ファンデーションの付け方   眉の描き方   アイラインの入れ方   アイシャドウの入れ方・マスカラの付け方
チーク・ハイライトの入れ方   リップの付け方   ヘアスタイルについて

                

オーディション写真コラム

オーディション写真コラムではこれからいざオーディションを受ける、という方にぜひ一読して頂きたいというコーナーです。数々のオーディション写真を撮影して来たフォトスタジオのスタッフからの応援メッセージとして、みなさまのお役に立つならば幸いと考えております。

オーラについて   前向きな姿勢   オーディション写真の撮られ方   コラム・序文   新人デビュー   プロフェッショナル
分析力  個性  テンションの意味  撮影前に

HOMEへ  blog  リンクについて