プロフィール写真

プロフィール写真は、あらゆる産業に従事される方々の様々な用途に使用される自己紹介のツールといえるのですが、ファッションコマーシャルフォトを専門とするビットでは、舞台俳優、ダンサー、コーディネーターやMC等の比較的ファッション性の高いプロフィール写真を中心に展開しています。従来のフォトスタジオにはないソフィスティケートでカジュアルなプロフィール写真をお望みの方は是非ビットにお越しください 。

下記掲載のサムネールをクリックすると拡大画像頁に移動します。

プロフィール写真料金

  • お手軽コース ¥10,000
    撮影約40カット , フォトプリントL版6枚 ,CD-R
  • スタンダードコース ¥15,000
    撮影約60カット, フォトプリントL版8枚 , CD-R , 衣装1回チェンジ可
  • イメージ撮影 ¥25,000~
    撮影40〜100カット. フォトプリントL版6枚 , ヘアブロー , CD-R

★お急ぎの方にも最適!!
上記、全ての商品(CD-R、L版プリント)は、その場でお持ち帰り頂けます。

※上記料金は全て税抜き価格です。

※その他のオプションメニュー多数ご用意致しております。詳しくは価格、地図のページをご覧ください。

ビットの提案するプロフィール写真

 

  プロフィールと言う言葉を辞書でひもとくと「横顔。側面像。側面からの観察。人物評論」等とありますが、フォトスタジオ業界に於いてこの言葉が使われる場合は、様々な職業に就かれている方が、多用途に使用される自己を紹介するツールと言えます。今までビットスタジオでは政治家、建築家、ファッションデザイナー、料理研究家、演奏家、作家、等々数多くの方々のプロフィール写真を撮らせて頂きましたが、ビットはフォトスタジオの立場で、事前にその方がどういった分野での専門家で、どういう活動をされておられるかをお聞きして撮影に挑むのですが、その中で一貫して感じることは、プロフィール写真の被写体としての姿勢に於いて、2つのタイプに大別されると言う事です。
  それは、それぞれの専門家としての職業の一貫として、言わばプロの被写体としてご自身を捉えている方と、全くの専門外、自分とは関係の無いものとして、100パーセントカメラマンに委ねるものとして捉えている方に分かれると言う事です。例えば、演奏家を例にあげると、毎日のトレーニングと音楽分野に於ける様々な研究の成果をまとめ上げて、定期的な発表の場である演奏会を開催することになるのですが、その際、必ず必要になるのがご自身のプロフィール写真です。それは単なる簡易な証明用の画像の様なものでよい訳はなく、その日に演奏される音楽が聞こえてくるようなイメージの作品が必要なはずです。
  これはあらゆるプロフィール写真に言えることと思うのですが、プロフェッショナルとして特定の分野で活動しておられ、そういった特定の職業人としての自分自身をフォトグラフによって表現することが業務上不可決な訳ですから、単に撮られる側として専門外と考えず、自分の職業の一貫として捉える姿勢が必要と考えられます。そしてその姿勢こそが、フォトグラフに直接反映し、良いプロフィール写真となるのです。ビットは、常にプロフェッショナルとして真剣に業務に取り組んでいます。撮る側と撮られる側の共同作業として、プロフィール写真を撮影に来られる方も、プロの被写体として積極的に臨んで下さることを切に希望しています。

その他、プロフィール写真例

qsayaka    qsayaka    qsayaka

HOMEへ  リンクについて